November 2006

November 30, 2006

Alexander O'neal

”Tabu”な旦那


Alexander O'neal2いやぁ、今年ももうすぐクリスマス
年とるの早いね

んなわけで、タブーな雰囲気でクリスマスを演出したい貴殿に、迫り来る下心に押しつぶされそうな貴兄に、とってもタブーなヴォイスの旦那をお薦め
これで準備万端整った!
但し、空振りの場合、自責と心得よ

"My Gift to You" 1988

Tabuレーベルを代表する同氏のクリスマスソング集
時代を感じるロングコート、このアイテム、ブラコンでは必須かも

わたくしお薦めは、定番クリスマスソングの"This Christmas"
沢山の方々がこの曲を歌っていますが、
その中でもAlexander O'nealのテイクは屈指の名曲だと思う
力強くも切ない仕上がりになってます
わたくしもこんな声に生まれたかった



"My Gift to You" 1988

side A
"My Gift To You"
"Sleigh Ride"
"Our First Christmas"
"Remember Why (It's Christmas)"

side B
"The Little Drummer Boy"
"The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)"
"This Christmas"
"Winterwonderland"
"Thank You For A Good Year"
"Remember Why (It's Christmas) reprise"




Alexander O'neal0"Alexander O'Neal" 1985

こちらデビュー盤です
初リリースがバラード中心という自信満々なところが立派
音はJimmy Jam&Terry Lewisでとってもクリアなのに、やっぱりこのあたりがブラコンスピリッツなんでしょうかね

一曲目から結構ペシミスティックで雰囲気あります


"Alexander O'Neal" 1985

side A
"A Broken Heart Can Mend"
"If You Were Here Tonight"
"Do You Wanna Like I Do"
"Look At Us Now"

side B
"Medley: Innocent/Alex 9000/ Innocent II"
"What's Missing"
"You Were Meant To Be My Lady (Not My Girl)"




Alexander O'neal1"Hearsay" 1987

実力人気が比例してきた頃の1枚
アルバムトップではMarvin Gayeへのオマージュか、"What's Going On"を彷彿とさせる日常風景を取り込んでいる
ま、全てのソウル、R&BミュージシャンはMarvinを敬愛しているのでしょうね

わたくしお薦めはCherrelleとのデュオ名曲
"Never Knew Love Like This"
この頃のCherrelleも良い声出てますね
80年後半はFlyte Tymeも含めてTabu絶頂期だったように思います



"Hearsay" 1987

side A
Intro
"(What Can I Say) To Make You Love Me"
Intro
"Hearsay"
Intro
"The Lovers"
Intro
"Fake"
Intro
"Criticize"

side B
Intro
"Never Knew Love Like This"
Interlude
"Sunshine"
Interlude
"Crying Overtime"
Intro
"When The Party's Over"




bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !

Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ