July 2011

July 27, 2011

テールピース高さ

前回の追記・・・

ちなみに、前回のブリッジ改修時に、テールピースを少し高くした
Fixerに付属している薄いほうのリングを取り付けて調整した
しかしながら、弦とネック指板のバランスが向上した為か、弦のテンションが必要以上に低くなり、チョーキング範囲が広くなってしまった
今はテールピースを元の高さに戻そうかと考えている
これは微妙な調整になると思う

クリームのクロスロードの後半ソロではクラプトンの高フレットでのヴィブラートが力強く決まっている
弦のテンションとゲージのバランスの良さに支えられ、クラプトンのうたいが爆発的に伝わってくるところだ
名演を生み出すにはミュージシャンのレヴェルは勿論であるが、昔のギブソンのクラフトマンシップのように、単に技巧が高いだけではなく、ミュージシャンを支える為の楽器ヴァルールに対する真摯な姿勢が必要だと思う

ps
なにわネジで特注ワッシャを買ってきてスペーサーに代用し、高さ調整した
これまでFixerに付属する最厚と最薄のスペーサーを使っていた
今回最薄スペーサーに代えてワッシャを使ったが、2度鳴きポイントまで、まだ余裕がある
微妙であるがテンションに違いがあり、胴の音が増し、欲しい音程までのチョーキング幅が小さくなった




技術の伝承に限らず全ての分野に於いて、かつてのクラフトマンシップに見られるような「事に向かう本来姿勢」が希薄になってきている悲観がある
伝えるべきを伝えてこなかった事が、次第に大きな損失につながるのだと思う

こんなことを口にすると飛躍の感が否めないが、歴史は繰り返す・・とは、人は先人の知恵や探求成果を、無知が故に容易く無駄にしてしまうという戒めの言葉でもあるとも思うのだ





bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !



July 07, 2011

GOTOH Machine Heads

Grover以上 GOTOH−SGV510Z

レスポールカスタムのマシンヘッドを、GroverからGOTOHに変えた
ギア比が1:21と繊細でシュアー
弦巻き軸の長さが少し短い分、音のぶれが無い

私のストラトはともかく、ギブソンレスポールカスタムのオリジナルパーツを、自分で他のブランドに変えるなど、以前は思ってもいなかった
でもね、レスポールを弾けば弾くほど、本来のカスタムの音が見えてくるようになって、更にその高みに登りたい気持ちになることはわかってもらえると思う
GOTOHのマシンヘッドは、カスタムのポテンシャルを開放する
シュアーで野太いカスタムの音が、更に安定感を増す

唯一ボタンのルックスが違う点が引っかかる
Groverのボタンに交換してメカ上の問題が無いことが確認できれば、換えるかも知れない


ちなみに、ブリッジはナッシュビルからABRに変えた
当初ネットでSCUDを購入し使ったが、即刻これもGOTOHに代えた
SCUDのブリッジ駒はクリアランス(駒とブリッジ本体の隙間)が多すぎ、弦振動が逃げてしまい、サステーィンが失われてしまう
私の場合、なんと3弦がその症状だった
1弦ならともかく、あんなに質量の大きい3弦の振動が駒に吸収され、他より早く減衰してしまうのだ
最近のSCUDは中国製もあるとの事で、多分私の購入分はそれだったのだろう
GOTOHのABRタイプブリッジはオリジナルの機構を基本にしているが、例のノイズになり易いねじ留めスプリングを廃止、ナッシュビルのようにしっかりしたねじ固定と、ぶれの無い駒のセッティングが嬉しい
弾く側の気持ちに立った商品開発ができている
多分、GOTOHのスタッフはギターもうまいと思う

交換後、ハイブリッド09−46の底力が響くようになった
唯一、駒の溝切が無ければ、私としては完璧だと思う
昔のギブソンの音に近くなったと感じている





Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ