September 2013

September 25, 2013

私のアース様−2

私のアース様−2
All'n All それ以降

全盛期のアース様、アル・マッケイを聴けば、
ギターが如何に素晴らしい打楽器であるかがわかる

アース様との出会い EW&F

金字塔とはこれを云う All'n All
私のアース様はこれを頂点にとし、
Raise以降、ELECTRIC UNIVERSEまでに終焉を迎えている

'77
Serpentine Fire



こんなに素直で力強いラヴソングを他に知らない
詩も歌も曲もアレンジも、バンドの何れの楽器も、
すべてが一つに向かっている
モーリス、病を乗り越え、帰ってきてくれ

'77
Love's Holiday



素晴らしい
詩的だ
夕方以降もそこに残る盛夏の熱が感じられる
長年私の電話の着信音です

'77
Brazilian Rhyme



とんでもなく嬉しい曲なのに泣けた
泣きながら踊った
なんと力強い曲なんだろうか

'78
September



この辺りから都会性が更に強まり
ロックとのクロスオーヴァーが感じられるようになる

'79
In the Stone



この頃、かなり音はクリアになった
でもグルーヴのタイトさは健在であった

'79
Can't Let Go



セッションメンバーの加減でかなりロックっぽい
ギターも当時AORでもてはやされたディストーション+フランジャー
でもこのあたりは大好き
肝心のアース様は、一切浸食されていない

'80
Back on the Road



楽しい!お洒落!
でもそれらがアース様のグルーヴで支えられている
だから大好き

'80
Song In My Heart



Back on the Roadとセンス音作りともに同じ
でもいいですよこの辺り
疾走感もある

'80
And Love Goes on



私にとって、ほぼ最後のアース様の雄姿
轟音と共に地球を後にされた感がある

'83
Fall in Love With Me




ひたすら祈る
モーリス、病を乗り越えてくれ
帰ってきてくれ


 アース ウィンド アンド ファイヤー Earth Wind & Fire  EW&F


bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !

 

 

 

 


September 21, 2013

私のアース様−1

アース様はかつてこの世を支配されていました

アース様との出会い EW&F

CBS以前に降臨され、移籍後、万能の力を得られ、
数々のお告げを届けて来られ
そして、燃え盛る太陽が夕日に変わるかのように去って行かれました

残念ながら私にとって
レッツグルーヴやファンタジー、ブギーワンダーランドはお告げではありませんでした
それ以降、今日のものもそうです

悲しみを乗り越え、
Electric Universeまでに私達に送られた真のお告げの数々を、
ロゼッタストーンに刻むが如く、ここに記しておきたいと思います


All'n
All 以前


アース様は71年に降臨されましたが、その頃は灼熱のマグマのような荒削りな音とゴスペルというより呪術的なものを感じるサウンドが特徴でした
カリンバがそれをさらに印象深いものとしていました
加えて、
元々モーリスがRamsey Lewisのところでドラムを叩いていた経緯もあり、当初のアース様の音作りは後年に比較しクロスオーヴァー的で、曲アレンジやアルバム構成も、言葉は悪いですが、幾分冗長でした
デビューからHead to the skyまでのアース様を端的に表現すると、スライがBSTとジョイントした・・ような熱気と和声を、当時で言うクロスオーヴァーなリズムと曲構成に組み上げ、縄文土器のようにうねうねと練り上げたような感じでした
しかし、73年以降、アース様のポテンシャルはビッグバンを迎え、私達の宇宙に君臨されます
そしてそれはRaiseのリリース前まで続いたのでした

当時呪術的なものを持ったブラックミュージックは無かった
グルーヴのうねりも衝撃だった

'73
Evil



ゴスペルスピリットに溢れた一曲
音の根底に熱を感じた

'73
Keep Your Head to the Sky



この後もこのグルーヴはアース様から消えることは無かった

'74
Mighty Mighty



これもゴスペルそのもの
この頃はとにかく濃かった

'74
devotion



カリンバはアース様が世に広めたと言って過言でない
言うなればマグマ大使みたいなものか・・・

'74
Kalimba Story



私はこの曲以降、良い音楽には空間を感じるようになった
アース様との出会い  を参照されたし

'75
That's the Way of the World



この頃は音がかなり洗練されてきている

'75
Reasons



血尿出るまで踊った
Gratitudeでの収録ながらスマッシュヒットはベスト盤まで待つこととなった
スネアの遅れ、当時も今も同じように気になる・・・
でも曲が始まればすべて帳消し

'74,'75/'78
sing a song





ひたすら祈る
モーリス、病を乗り越えてくれ
帰ってきてくれ

 アース ウィンド アンド ファイヤー Earth Wind & Fire



bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !

 

 

 

 


September 15, 2013

レキシ

大奥〜ラビリンス〜 レキシ feat. シャカッチ


私はアース様(Earth Wind & Fire)を心底愛した
その降臨にAll'n Allを頂点として身も心も奉げた
しかし私の献身はELECTRIC UNIVERSEを待たず終焉を迎え
いつしか40年近い時が流れた

アース様との出会い


2013年、モーリスは居ないが、ヴァーダイン+ラルフを連れてフィリップが帰ってきた
地声ながら帰ってきた、でも・・・
何なんだろう・・・・・

炎上しようがなんだろうが、私はかつてのアース様の献身的信者として敢えて言います
グルーヴが無いなら、和声が煌びやかでないなら、アース様ではない
ごめんなさい、もうアース様のお告げが心に届かなくなったのかもしれません・・・
私はとてつもなく、悲しい

かつてのアース様に触発された後進達、アース様の寵愛を一身に受けたEmotions、それらにまた触発された日本のバンドにすら、私はかつてのアース様のお告げを見出すのに、今のアース様のお告げが聞こえなくなりました

敢えて申し上げます
お洒落ファンク信奉者として懺悔はいたしません

My Promise より、レキシのナンバーのほうが・・・
私はグルーヴィーだと思うことがあります

・・・言ってしまった・・・・・

言い過ぎか・・・
でも私のアース様への献身は、何物にも代えがたい・・・
本物だと、今も自負できる


この曲には私が忌み嫌ったブラコンの精神的中産階級化が見られる
ファルセット外れてるし・・・
ブラスに和声ポリシーもグルーヴも無くなってる・・・
・・・今後、セルフカバーだけは、思いとどまってほしいと、思う・・・
私は悲しみとともにこの曲を聴きます
Earth Wind & Fire My promise


グルーヴが丸めであっても、My Promise よりいい感じ
お洒落系ファンクへの強い憧れに共感する
笑いのセンスもコケティッシュでエスプリ(?)すらある!!!

レキシ − 大奥〜ラビリンス〜 feat. シャカッチ




多分レキシをインスパイアした名曲の中にこの曲があると思う
私もこのブログの前半で、Con Funk Shun を絶賛しています
ほんと、タイトで洒落てます

Con Funk Shun - Too Tight




イントロ部はこのセンスで始まっている

Earth Wind & Fire - In the Stone




アース様の寵愛を受けたEmotions
今聴いてもやはりタイトでスパンキーでコケティッシュ

the emotions best of my love

 




bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !

 

 




September 09, 2013

東京オリンピック2020

オリンピック招致活動に敬意を表し、それをありがたく思う

但し、「この夢の力が必要だ」・・というオリンピックに依存する向きには同意できない

今回、日本は国際社会の中での役割を果たす機会を与えられた
それに襟を正す時であるはずだ

国際社会に於ける国家とはどうあるべきか、それを語る機会と資格を持つのは日本であると、政治学者サミュエル・P・ハンティントン氏が「文明の衝突」の中で語ったことが、今あらためて強調されるべきだ

日本は本来、国際社会を構成するにふさわしい自他の認識、文化を持つ国であったことを、内外に更に確認する機会の増加が期待される

tokyo2020










bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !




 


September 01, 2013

Until you come back to me

"Until you come back to me"   1973


この曲はStevie Wonder によって1967年に書かれたが、その後10年、Looking Backまでアルバム収録されることはなかった
それより先に、Aretha Franklin のリリースがあり、これが当然大ヒットとなった
その後この曲は、多くのミュージシャンにカヴァーされ、名曲中の名曲となっていく

ある晩遅くにスティーヴィーがアレサに電話し、
”アレサ姉さん、あんたに一曲あるんだけど・・”
”もちろん歌わせてよ!(やるわよ!)”
というような始まりでこの曲が生まれてきたらしい
曲を聴く前に引き受けると言える・・それだけ双方の信頼と力量があるということだろう
実に素晴らしい曲に育っている

アレサの後ろに居るのは故George Duke

Aretha Franklin  Live Until you come back to me




Aretha Franklin  Studio take  Until you come back to me




Stevie Wonder




Chaka Khan




Deniece William & Johnny Mathis




Miki Howard




Basia




Emily Elbert




bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !


Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ