September 17, 2005

Evelyn King

Evelyn "Champagne" King


Evelyn "Champagne" King もKashifプロデュースで輝いている一人です。 "I'm in love","Love come down"はスマッシュヒットしとして知られていますが、音楽的色気の点では是非とも"Back to love"をあげておきたい。
特に"I'm in love"では曲が浅い"Love come down"のメロディーライン、和声では飽き足らない・・という人にはお薦めの一曲。オクターヴギターの艶やかさは天下一品。KASHIF,IRA SIEGELのセンスが光ります。
"Back to love"は曲調として前述したI'm in love(少し茶色い)に比較し透明感があって煌びやかなところがブラコンらしい。この頃のm9th系の響きが今の内外ミュージックシーン全般に影響してますね。

よい音楽はノリが深くてうっとりしてしまう。 何て言うのか・・・400ccの単車でかっ飛ばす120km/hの感覚と、同速度のハーレーのどっしりとした安定感には、根本的な違いがありますよね。
ブラコンのグルーヴ感も同じだと思います。

"Back To Love"
アルバムヴァージョンを見つけました!
前回掲載していたダイジェスト?的なアレンジとは色気が異なります
"Evelyn King - Back To Love "



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ