October 27, 2005

Eumir Deodato

"Deodato 2" 1973


Deodato2往年のJazz-Rockでも昨今のFusionでもありません。Crossoverの大御所Deodatoの登場です。今のFusionがCrossoverと呼ばれていた頃の作品ではありますが、多分、ほとんどの皆さんが同氏と知らずに曲を聴いていると思います。
ただこの頃のCrossoverは、今の感覚で区分するならイージーリスニング(御容赦)に属してしまうかも知れませんが、Deodatoはちょっと違って、おいちゃんたちは気持ち正座して聴いたね。

このアルバムに取り上げられた曲を見てください。びっくりもんでしょ。さらっと見てもサテンの夜、亡き女王の為のバヴァーヌ、ラプソディーインブルーですよ。このラインナップだけでもめっさ凄い。これだけでも価値ありのアルバムでしょ。
※ちなみに「めっさ」とは、コンテンポラリーな大阪弁で「たいそう」「こよなく」「非常に」「驚くほど」「ひたすら」等、副詞+形容動詞ハイブリッド表現の最上級にあたります。
ちなみに比較級はご存知の「めっちゃ」です。
そう言っておきながら、実は私のお薦めは
"Skyscrapers","Super Strut","Rhapsody In Blue"。
特に"Skyscrapers"がお薦め。

Chryslerbld70年頃はみんながNYに憧れていて、ロックフェラーセンターやエンパイヤステートビルに夢を馳せていました。わたくしもその一人でした。
ただ私はその頃からデコなデザインがイカしているクライスラービルが大好きだったんです。ニューヨークが舞台の映画には必ず出てくるあのビルです。
エンパイヤより優れた意匠でしょ。

"Skyscrapers"はマンハッタンの緊張感を見事に表現していて、曲からメガロポリスのエナジーがほとばしるような感覚があります。でも、そんなパワーに満ち溢れた曲が、はっとするブレイクを迎える瞬間にこそ、クライスラービルがお似合いだった。そんな訳でこの曲が一番のお気に入りだったんです。
摩天楼の足元を車で行く躍動感も、街路から細長い空を見上げるメランコリーも、ビルをかすめて飛ぶダイナミズムも全て備えた名曲だと思います。とにかくブラスの効いたスリリングな曲です。
歴史に残る曲の一つだと思います。是非聴いて欲しいです。
ギターがJohn Tropeaなんです。はっきり言って、好き嫌いがあると思います。私もどちらかと言うと彼は苦手ギタリストなんですが、この曲は特別扱いですね。




面子はビリー・コブハム、スタンリー・クラーク等つわものが揃っています。それだけに「本メロ全て裏入り」という強行策が見事な編曲に昇華されて行ったわけです。こんなドライブ感は未だ他に無いと思います。
圧巻とは、これを言うのでしょうね。


"Nights In White Satin"
"Pavane For A Dead Princess"
"Skyscrapers"
"Super Strut"
"Rhapsody In Blue"




CD復刻版にはボーナストラックが入っている事が多いようです。それはさておき、残念なのは曲順も変わっている場合があることです。
復刻盤は作者に敬意を表し、オリジナルアルバムと同順で再現して欲しいと思います。
CDになってから、レコードを裏返す行為が無くなったり、任意の曲順で曲を聴く事が出来るようになったりしているので、音楽を生み出す側の創作スタンスも異なってきたように思っています。作者の意図が途切れるような、何と言うか、アルバムの作品性のようなものが無くなって来たように感じられ、少し残念です。
出来れば優れたアルバムほどオリジナル曲順で聴きたいと思います。
ガーシュインも嬉しい
ラプソディー・イン・ブルー

リハルトシュトラウスを手がけたことで話題騒然となった
これにはシングル盤テイクのツァラトゥストラも収録されています
ツァラトゥストラはかく語りき

これは復刻でボーナストラック付き
Deodato 2

Love Island

Prelude

ジャケットがシュール
ファースト・クックー



昨年Ground Zeroにて「この地に生きるものは世界中何処ででも生きて行くことが出来る」とのメッセージを見ました。自分達で創った国に対する誇りと自負を感じ、敬意を覚えました。
人には本来、自己治癒力が備わっていて、痛みを知った人ほど、互いにその力を発揮し合うことを学ぶのだと知りました。
マンハッタンを思いながらこれを書いていて、それぞれ人に備わったものを偽り無く使うことが一つの供養であるように今感じています。


bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance!

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by proue335   November 05, 2005 10:30
ブラコン大好きです。
"Deodato"ファンの方がまだいらっしゃる。それだけで財産ですよね。
私は"Skyscrapers"の全編裏入りのメロディーに唖然としました。自分のグルーヴ価値基準が変化したと思います。
私が"Skyscrapers"を知ったのはTVだったんです。何かの音楽番組エンディングだったと思います。MTV系の走りだった"Now Explosion"だったようにも思うのですが・・・あれは70〜71年頃なので少し時代がずれています。ん〜記憶が定かでありません。ご存知でしたらお教えください。
4. Posted by Musicman   October 29, 2005 15:46
ここら辺の音も範囲なんですか?
凄いですね〜!
私もこのアルバムはフェイヴァリットです。
「Skyscrapers」を一度でいいからNYで聴いてみたいです(笑)。
個人的に一番好きなのは『Love Island』ですね。
3. Posted by Krush Bros.   October 29, 2005 07:04
5 おはようございます。クライスラービル、自分が勤めてる工場の建屋とはえらい違い(笑) でも師匠のご投稿や写真を拝見して新たな目標ができました。いつかはあそこに... 出張? (笑)
2. Posted by proue335   October 28, 2005 23:20
ブラコン大好きです。
えっ羨ましいですよ。あの建物は一時代を象徴する美しい建物だと思います。四方の鷲頭と尖塔屋根の意匠がとてもデカダントで好い。関連あるなんてかっこいいです。
1. Posted by Krush Bros.   October 27, 2005 21:32
実は自分が勤めてる会社の親会社がクライスラービルにオフィスがあるんですよ。行ったことないですけどね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ