September 26, 2006

Phil Upchurch

Phil Upchurch - 1978


PhilUpchurch この方、George Bensonのレコーディングやステージでのバイプレーヤー参加がほんと多いです
そんなわけで、このアルバムのプロデュースもGeorge Bensonだったりします
アルバム裏ジャケには同氏からのコメントとサインも入ってます
サイン上には、さりげに"His Guitar Pickin' Buddy"との記載まで入ってたりして、親密さをアピール
あんたも得、わたしも得・・・なんでしょかね
ところで肝心のアルバムの出来ですが、何というかこれまたゆったりした感じで、音楽的な緊張感はありません
全編を通してマチュアーでマイルドなものを目指したアルバムですね

推薦曲はB面トップの"It's Almost Five"です
曲名からもわかりますが、
この曲イントロ部では Dave Brubeck の"Take Five" を彷彿とさせるところがあり、このアルバムの中で、リズム的にも和声的にも際立つものがあります
残念なのは、Phil Upchurch のインプロヴィゼーションに”詰り”が感じられることです
4:47という、そう長くはない曲ではありますが、特徴あるリズムの中でアドリブに窮したところが感じられるんです
このあたりがGB他スタープレーヤーとの違いに思えるんですね・・・
前回書きました"Ronnie Foster"にも同じことが言えるように思います
バイプレーヤーとは悲しい響きがあります

C'est la vie.・・・


でも音楽は、いいものですよね



フレーズがベンソンに似てるけれど、それも仲の良さの表れか
このアルバムではこの曲が好きです
"Phil Upchurch : It's Almost Five"


トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by neo   October 16, 2006 22:18
ジックの情報を集めたポータルサイトをつくっているのでぜひ一緒にこのサイトを盛り上げていただけないでしょうか?!参加するにあたり、日々何かすることが増える訳ではありません。
今までどおり、ブログの記事を書いているだけでOKです!ブラックミュージックが好きな人が集まるサイトでブログのヒット数も上がります!いかがでしょうかー?もしよければここから登録下さい!http://www.edita.jp/neo/

お手数ですが下記のURLより参加、または参加拒否を決定頂ければ幸いです。
URL:
http://www.edita.jp/admin/sub_editor_answer.php?s=bmVv&e=bmVvMjc1Nw==&i=ODkyOQ==
2. Posted by proue335   September 27, 2006 23:52
暇人主婦さんこんばんわ
ブラコン大好きです
何という執着心、好きなんですねぇ
このところ不幸が続いていますね
このブログでもLuther Vandrossさん、Lou Rawlsさんを取り上げましたが、時代の変わり目なんでしょうか
コメント拝見しているとソウルトレイン見たくなりました
でわまたっ

1. Posted by 暇人主婦   September 27, 2006 17:41
こんにちは!またお邪魔しています。
ロッド・テンパートンの顔を思い出せなくて、しつこくHeatwaveの検索していたら、ボーカルのJohnnie Wilderが5月に亡くなっていたことを発見。
今日書き込みをしているのは、何故かというと、昨日HeatwaveのビデオをYouTubeで発見したからです。
Boogie Nightsの他にもMind Blowing Decisions、 Super Soul Sister、Groove Lineがあって、思わずコンピュータの前で踊っちゃいました。
ブギーナイツのワイルダー兄弟の踊りが最高!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ