September 22, 2006

LPジャケットでの主張−1

Smokey Robinson - 1982


ジャケットデザインに何度も本人が出てくるシリーズ

出張から帰ってきました
身も心も正直へとへと・・・
そんなこんなで、レコードを見ていて、このネタでも書こうかと・・・
表ジャケ、裏ジャケ、中袋、殆ど同じアングルで本人が出てくるのがブラコン、ソウルの良さ???なんですよね


SmokeyRobinson1"Yes It's You Lady" - 1982
ブラコン、ソウルミュージシャンの自己主張というのは明快
自分の顔、はっきり覚えてね!!!ってな事、何の臆面も無くやってのけてる
ミラクルズOBならそんなことする必要あんの???既に十分著名人でしょと思うんですけど・・・
やっぱり、純粋に出たいだけなんでしょかね・・・

SmokeyRobinson2これ、裏ジャケです
スーツが変って、レコードを裏返した時の感動も新た・・・なんでしょうか
顔の角度くらい変えろよ







SmokeyRobinson3これ中袋なんですけどね
スーツは表ジャケと同じ
このアルバムは、中袋のみがカラー
このあたりに「お品格」「ステイタス」を感じられてるのでしょうか

んなこと、ど〜でもえぇやんかぁ
・・・ってなネタなんですけどね







Google Earth 緯度経度紹介ページ
bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ