November 01, 2007

Santana

"Caravanserai" 1972


Caravanseraiおじさんで悪かったね

ああ、
おじさんだともさ

でも、腰の入ったおぢさんなんだ


ブラコン以外ではね
おぢさんはSantanaが好きなんだけど
一番好きなのは今のSantanaぢやぁないんだよな


santanaPRSpaul reed smithポールリードスミスは
洗練された良いギターだよ
確かにな
ああ、そうともさ
24フレットまで楽々さ
おぢさんも欲しいよ、金があったらな
でもな、
おぢさんの好きなSantanaは
レスポールカスタムを愛す
Santanaなんだ
ごろんとしたネックの、とっても重たい、
あのカスタムで奏でる
分厚い音のSantanaなんだ
かきむしる音色のSantanaなんだ

lpcustom




林檎ちゃんじゃないけど
レスポールはやっぱり黒なんだよ







Song Of The Wind



70年代の彷徨

竹村健一氏の名コピー 「猛烈からビューティフルへ」
それは激動の60年代を駆け抜け、はたと周りを見渡すに至った日本を、アイロニックに、しかしながらあまりにも的確に表現したフレーズでした

記憶が曖昧ながら、同フレーズが書かれた小さな白いボードを持った加藤和彦氏が、雑踏に佇むCFが忘れられません
そのCFのBGMが、この曲"Song Of The Wind"でした

このギターの音色にあの時代の彷徨が重なります




Caravanserai


Abraxas

Black Magic Woman/Gypsy Queen

この曲でII-Vの和声進行にはまった
Oye Como Va

Samba Pa Ti




ブラックコンテンポラリー’70’80 - livedoor Blog 共通テーマ
bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance!


トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by proue335   October 29, 2007 21:45
それでな、おけむさん
レスポールカスタムってな、我々おぢさんが、がきんちょの頃からの憧れのギターだったわけさ
ベックもクラプトンもペイジも弾いてた
ネックが太くてしこたま重い
腰の入ったギターなわけさ
それでいて、どんな色っぽいおねいちゃんよりも艶っぽいところがあんのさ
弾くとハートが熱くなるギターなわけさ

ところで、このブログにアグネス・ラムの記事があんでしょ
あれに出てくるギタリスト・・・ってのが
高中正義なんだよね

レスポールはやっぱり黒
でわっ またっ

しゅわっち


2. Posted by proue335   October 29, 2007 21:38
おけむさん
おひさしぶりだね、元気かね
ブログ止まってるんで、どうしてるかと思ってた

おいちゃんはむかし、ちょっとの間だけ
ヨンタナってバンドやってた
サンタナの上行こうと思ってな
ラテンの熱い血やね

ポールリードスミスってな、サンタナさんがカムバックしたときに抱えてきたギターなわけさ
すんげぇ高いのさ
ちょっといいなと思うやつは60万以上もする
スタイルもちょっとドレッシーなわけさ
1. Posted by okemu.   October 29, 2007 00:26
こんちは〜。
おち゛さん元気ですか??
ギターのことはまるでちんぷんかんぷんでわかんないけど、サンタ菜さんは、むか〜し気になるけどとにかく「おっとな〜」な音楽!とちびっこokemuは思っていたのよ。(高中正義とかさ、フュージョンとかさ。)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ