May 18, 2008

Heywoode

"Arrival" 1985


heywoode大物ミュージシャンがプロデューサーとして新人輩出することが増えた頃の一枚
B面2曲目にPRINCEの
"I wanna be your lover"が入っていたので買いました
しかしながらこのアルバムでPRINCEは曲提供のみ
当該曲プロデュースもColin Campsie / George McFarlane for the Quick Organisationとなっており、その他プロデューサーのクレジットも多数見られます
そんな中に当時気を吐いたStock, Aitken & Watermanのクレジットがあります
従ってKylie Minogueとの曲オーヴァーラップも納得

プロデューサーが様々なのは、このアルバムがそれまでのシングルリリースを取り込んで構成されたからなのかも知れませんね
残念ながら彼女はこの一枚を印象に残し、何処かへ


"Arrival"

side A
Roses
Getting Closer
Single Handed
I Can't Let You Go
Jelly Baby

side B
You'd Better Not Fool Around
I Wanna Be Your Lover
A Time Like This
Missing You
Under Fire


しかしながら、流石原曲のポップさもあり、"I wanna be your lover"のテイクはなかなか良かったです
A面3曲目の"Single Handed"も好印象なのですが、やはりこの曲がこのアルバムの中で一番光っていました
特にPRINCEが軽いシャウトで聞かせてくれた高音部の印象的なフレーズを、甘くなりすぎず、女性らしく歌いこなしていたことが印象的
Heywoodeに関しては"Roses","Getting Closer"が挙げられる事が多いかも知れませんが、私のお薦めは上記の2曲


"Single Handed"
これは当時のテイクです!


"HAYWOODE - I Wanna Be Your Lover"
残念ながらこれは当時のテイクではありません
98年頃のカヴァーで、アレンジがロックっぽい
前述高音部のかわいい声はなくなっています


調べてみると彼女のDiscography(Sid Haywoodeとしてのリリース含む)はUK中心で以下の状況

1983 A Time Like This (UK #48)
1983 Single Handed/Slow Burn (UK #85)
1984 I Can't Let You Go (UK #63)
1985 Roses (UK #65)
1985 Getting Closer (UK #67)
1986 You'd Better Not Fool Around (UK #82)
1986 Roses(re-issue)(UK #11)
1986 I Can't Let You Go (re-issue) (UK #50)
1987 I'm Your Puppet (UK #98)
1988 Boogie Oogie (as "Sid Haywoode")
1989 He's Got Magic




紹介アルバム
無かった・・・



ブラックコンテンポラリー’70’80 - livedoor Blog 共通テーマ

bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ