March 21, 2010

Casino Lights Live@Montreux

"Casino Lights" 1982


Casino Lights heads

先日、BillboardでRandy Brecker / Bill Evans / Steve Lukather / Robben Ford / Darryl Jones / Rodney Holmes / Steve Weingart の超豪華版ライブにありつきました
このメガミックスはRandy Brecker / Bill Evansが主体で、勿論Steve Lukatherの参加も大きかったのですが、わたくしとしてはRobben Fordが最大のお目当てプレイヤーだったんです

覚えて居られますか?"Casino Lights" 1982
前年1981年のMontreuxライブの収録です
A面はAl Jarreau(+Randy Crawford & Larsen,Feiten)の独壇場、流石の重厚感がありましたが、B面トップに針を落とし、Robben Ford+Yellowjacketsの"Monmouth College Fight Song"の怒涛のような曲の流れに、只々驚嘆された方、沢山居られると思います
このテイク、以前の記事Chick Corea Elektric Bandの"Cool Weasel Boogie"
に迫る強烈なギターの唄いでした
当時の音楽誌にも”ロック?ジャズ?一体これは!”といった驚きの評価が踊った事を覚えています
まだまだ単にスケール+早弾きをアドリブと呼びがちであったフュージョン界に、和声に基づきながら、且つギターでなければ語れないドライヴ感に満ち溢れた彼のプレイは、強烈な一蹴りとなりました
曲を支えたRicky Lawsonの太くシュアーなドラムの好感度も高い


Full Album

R

ush Hourに続いて2曲目がMonmouth College Fight Song
このテイクがアルバムCasino Lightsに収められている
音質が良くないのはしかたありません
是非ともアルバムを聴いてください
"Yellowjackets: Casino Lights (Montreux Jazz Festival 1981) 1 of 2"


これはステージ後半のテイク
冒頭で上記2曲の紹介をしているが、流石にMonmouth College Fight Songへの評価が高かった事が聴衆リアクションから伺える
ベースのJimmy Haslipが曲と同時に作曲者であるキーボードRussell Feranteを「今夜はRussell Ferante night ですわ」と紹介しているが、この2つのビデオを見るだけでもMonmouth College Fight Songが彼の作品の中で如何に突出した作品であったかがわかる
"Yellowjackets: Casino Lights (Montreux Jazz Festival 1981) 2 of 2"


Casino Lights tails"Casino Lights"はCDでも出ています
是非聴いて欲しいです
ジャケット裏面に掲載された参加メンバーを見てもらうと、なんと豪華なことか・・・
笑ってしまうくらい豪華でお得

プロデューサーはTommy Lipuma、テイクとミキシングはAl Schmittです
当時BensonJarreauを支えた、とっても綺麗で豊かなアルバムを創る二人です

"Casino Lights" 1982

Produced by Tommy LiPuma
 
Recorded and mixed by Al Schmitt
Recorded at Mountain Studios, Montreux, Switzerland
additional recording at Capitol Recording, Holywood, California
 
Horn arrangements by Larry Williams
 

Credits:

lead vocal: Al Jarreau, Randy Crawford 
keyboards: Neil Larsen, Russell Ferante, Warren Bernhardt 
guitar: Buzz Feiten, Larry Carlton, Robben Ford 
saxophone: David Sanborn, Michael Brecker 
vibes:  Mike Mainieri 
bass: Marcus Miller, Jimmy Haslip 
drums: Ricky Lawson, Art Rodriguez 
percussion: Lenny Castro, 
horns: Larry Williams - tenor saxophone, flute (on 4)
Kim Hutchcroft - alto, tenor & baritone saxophone
Jim Horn - baritone saxophone
Bill Reichenbach - trombone, bass trombone, flugelhorn
Chuck Findley - trumpet, flugelhorn
Jerry Hey - trumpet, flugelhorn  
bg vocals: Richard Page, Bill Champlin, Steven George 


好きなミュージシャンにカラーリングしました


今回のBillboardライブは、メンバーの豪華さに比較しとっても安価なライブでした
8400円!なぜそんなに安いのか・・

Bill Evansがステージでぽろっと語ったのですが、今回は事前拘束の無い、リハーサルなしのセッションツアーとの事でした
実際、彼のアナウンスの前の曲で、ソロの回しで躓くシーンがありましたし、Steve Lukatherがギターをドライヴさせすぎて、Randy Breckerがちょっと固まり気味のシーンもありました

Robben Fordはそんなみんなの中で各々メンバーを読みながらプレイしている感があり、どちらかというと押さえ気味のプレイでした
ローズ指板仕様の白いテレキャのプレーンな音に、彼がその後心酔したBluesの腰の強さが伺えたものの、Steve Lukatherのアタッチメント多用の音色と音量がアンサンブルとして我侭過ぎた感があり、今回のライブは音楽のバランスとしては出来はよくありませんでした
7人中4人がソロプレイヤーとしての性格が強い今回のセッションの中で、Robben Fordはバランスをとる側に回っている感がありましたね
彼の表情からも、プレイからも、音楽が壊れることを嫌ったのだと感じました
残念ながらそのあたりは聴く側には伝わっていなかったようです


にっぽんの聴衆諸氏、各々ソロ後で判で押したように騒ぎすぎです
実際には音楽を聴いていない様子があります
それぞれへの拍手は良いですが、ダメだったものは拍手しないのが聴衆マナーであり、それがライヴの緊張感となり、そのステージの良し悪しを決める大切な要素にもなり得るのです
ただただワーキャー言うのは耳が肥えてない証拠、音楽ファンでないことが伝わり、プレイヤー側も客をなめてしまって、良い演奏に至らなくなってしまいます

今回の聴衆も彼らをアイドルタレント扱いしているようで残念でした
もっと良いものを沢山聴く機会を持たないとダメな気がします



Casino Lights: Live At Montreux
Casino Lights: Live At Montreux
クチコミを見る

Casino Lights '99
Casino Lights '99
クチコミを見る






bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by proue335   March 27, 2010 15:36
TKさん
見つけてくださって有難う御座います
私はカジュアルでSteve Lukather側のサイド席でした
音が良くないので、余計プレイが気になったのかも知れません
次回は各々のバンドで聴きたい気がしています
今後とも宜しくお願い致します
1. Posted by TK   March 23, 2010 00:06
僕も見に行ってました。
なんとロベンフォードのすぐそばの席をゲットできたのでずっとかぶりつきで見てました。一所懸命Some Skunk Funkのバッキングをやってましたね。
ただ、ライブ自体の出来は正直良くはなかったですね・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ