November 18, 2012

The Beatles

先日の出張で早朝時間を使って Abbey Road Studio と Apple Corps, Palladium に行って来た
長年の夢でもあった
感慨深かったが、不思議にも初めて来た感じが全くしなかった
メダリオンの時と似ていた


Beatles Coffee Shop打合前の早朝活動
最寄り駅はSt. John's Wood
ここには公認Beatles Coffee Shop がある
朝飯、というかコーヒーとチョコレートでほっこり






Abbey Road zebra crossing 1徒歩約5分で三叉路交差点に出てくる
横断歩道はいくつもあるが、あの横断歩道はこれ
向こう側左がAbbey Road Studios
今では追越禁止&駐車禁止のジグザグマークがある






Abbey Road zebra crossing 3アルバムの裏側から









Abbey Road zebra crossing 4Johnが踏んだあたり
私は右足で踏んでます








Abbey Road Studio 2Abbey Road Studios
落ち着いたいい感じの空間
でも昼間は観光客でざわざわしてる
落書き・・止めようね






Abbey Road Studio 3サインで知ったが、右側門の上に、スタジオ前、横断歩道、交差点に向けてWeb Cameraが設置されていて、24時間以内なら圧縮データでビデオ映像が保管されている様子
ここを訪れた自分の姿をダウンロードできるようだ

現在の様子はこのリンクで見ることが出来る

Abbey Road Studios Web Camera

おちゃらけなひとは世界中に居ることがわかる!


Web Cameraの画面右斜め奥(交差点の向こう側)にはダウンタウン方面へのバス停がある
手をあげて139番のバスを止めて乗ると19分でPiccadilly Circusに到着する
実際にはRegent Streetが渋滞するのでもっとかかるが、最後の屋上コンサートのあった旧Apple Corpsまで結構すぐに行ける





Apple Corps 5Regent StreetのPiccadilly Circusバス停
で下車し、通りの反対側Vigo Streetを入るとスタバがある
それを越えて右に曲がると、2軒目、右手にあのドアがある

ここに来るまで既に頭の中で"I've got a feeling”のJohnのギターがガンガン聴こえてくる













Apple Corps 3Apple Corps
















Apple Corps 2彼らが上がった屋上は右側ビルの屋上
今では外観が変わってる

聴こえてくるよなぁ!・・・













Apple Corps 1少し離れて振り返ってみた
あの映画ではもっと大きなビルを見上げる気がしたが、あれは音楽&映像の相乗効果だったのだろうか
もっと強い憧れがそう感じさせたように、やはり思える














Bank acrs frm APこれは真向かいのビル
当時あった銀行が通報し、警官がやってきて彼らの演奏は45分で終わった








2度目のGet Backは後半のリズムも一瞬ひっくり返り、最後は警官への”帰れ”コールとなっていた
「セールスに代わり御礼申し上げます、また、これでオーディションに合格したことを祈ります」と・・Johnが黒い一言で屋上スタッフを笑わせ、そしてみんな去って行った




Apple Corps 7このドア、当時は白かったし、両側には金色の表札もあった
今は空家で、階下は工事中だった















Apple Corps 8ノックした
あの警官と違ってアンコールのお願いだ








Palladiumその後、暫く歩いてPalladiumに向かった
若いころ毎週末ここで演奏したそうだ











Heathrow今回の出張は2勝1敗1分だった
けれど、また元気に戻ってくると思う
私たち世代は、
いくつになってもBeatlesから
大切な何かを学び続けている








bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ