August 03, 2013

Pablo Picasso

Pablo Picasso


1949年、LIFE誌に掲載されたピカソのライトペインティング

創造する者であれば、他者発想に明確な敬意を抱き、
決して作風表面を模倣したりはしない
これは専門学校等で教えることのない、
学んだり、他人から盗んだりできない、
創造活動の根源にかかわる感性と姿勢、
謂わば創造者の資質そのものであるからだ

ピカソ本人の言葉は、
創造者としての彼独特のアイロニーである

短絡的にも発想尊厳を理解できないが故に、
微塵の誇りもなく他者の模倣を繰り返す者を、
芸術の名を借りる商業至上主義者は煽て、
それを営業観点で利用するにまで堕ちた様子を間々見る
学費の高さ、入試ハードルの低さによる学生数確保が生む資本を背景に、
芸能界から学長を専任する等、創造活動の名を借りた、
商業主義経営が
目に余る元専門学校の大学経営もある
本来の創造活動の厳しさ、素晴らしさは、
そんな所には存在しない


picasso1picasso2














picasso3picasso4

















picasso5picasso6












picasso7picasso8













tochka トーチカ  トチカ
bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ