August 20, 2014

同志



ももたと私は夫婦である前に

同じ高みを目指す同志、戦友でした

企画デザインに関わる者の価値観を共有できる親友でした

矢を射られた者、流れ弾に当たった者の手当ては

同じく矢の痛み、弾の毒を知る者であればこそできるものです

狼に噛まれた話を聞いて、誰しも「痛い」とは想像するものの

痛み自体は伝わらないものです

それがわかるものどうしであることが誇らしい



かけがえのない伴侶の無念を思うと

夜も昼もなく、ただただやり場のない悲しみのみがつのります

今、どうしているのかと思うと

こみ上げる涙が止まることはありません

大切な友、同志、伴侶を失うことが

辛いものとは理解していました

しかし、これほど悲しいものとは知りませんでした

これほど心を砕くとは思っていませんでした


 






bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !


 

proue335uriuri at 23:11│Comments(0)TrackBack(0)from the Other Decades | momota

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ