November 30, 2014

渚にて





浜の奥までやって来た

穏やかな波が引くように

ももたは私を攫って行った

私の心を連れ去った

貝殻みたいに半分埋もれ

私は遠く残された



ももたが選んだことだから

ももたがそれを望むなら

それで寂しくないのなら

私はこのまま残されよう

それをうれしく思うのだ



喜び分け合えるなら

時を分け合おう

苦しさ分け合えるなら

命分け合おう

同じ空や花を見て

同じ時間、微笑み合おうと

願った気持ちを傍らに

暫しここに残されよう







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)from the Other Decades | momota

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ