from the Late 70's

September 25, 2005

Ramsey Lewis 名演に感謝

"LOVE NOTES"  1977


音楽に支えられたこと、ありますか?
私にとって忘れられない曲の一つに、
Ramsey Lewis&Stevie Wonderの"Spring High"があります。
Ramseyのsteinway grand pと、Stevieのodyssey synのユニゾン歌い上げは、とても豊かで、人間的な強さをストレートに感じさせてくれる名演です。
何をしようと、何を詠おうと人は自由です。でもそうするにはまず人としての切磋琢磨に裏付けられた誇りが必要なのが真理です。
この曲はそれを気付かせてくれるに十分な作品だったと今も感じています。大袈裟な表現ですが、この曲には特別な思いがあり、私はこの曲に救われたと思っているのです。
私がこの曲に出逢った頃、私の日常はあまり好転していませんでした。二十歳そこそこでしたが訳あって、志半ばで働く事にしたのです。でもそれは自分の想いとは似て非なる仕事でした。だから仕事を続けることがかえって未来を閉ざして行くようにも思え、かといって若かった私は、自分の力で生活することに一つの価値(責任)も見出していて、その二つの狭間で、どちらにも傾かない自分自身に嫌悪し、ただただ情けなく、自暴自棄という言葉に初めて恐れを感じながら、日々不安だけを募らせていました。
その頃は、毎朝仕事に出かける前、起きない体を起こす為、せめて気持ちを起こそうと、決まって"Spring High"に針を落としていたのです。私はこの曲をとても愛していました。それはタイトルに自己へのエールを感じたからかも知れません。或いはRamseyのピアノが語り、Stevieのシンセが歌い始める様子に、自分の心の「問いかけ合い」を見ていたからかも知れません。彼らに後押しされる日々は暫く続きました。しかし、最初はともに一つのメロディーに重なり合いながらも、ついには堰を切るが如くStevieが飛び出して行く様子に、ある朝、自分の葛藤の片付け方を教えられたような、「気持ちの向く方へ」と言われたような気がしたのです。
私は程なく会社を辞め、学生になり学ぶべきを知り(まだ学びきっていませんが)現在に至ります。今も満足なレベルではないけれど、志に背は向けなかったと思います。何より”それ”に向き合う気持ちを教えてもらったことを有り難く思っています。彼らは正しかった。
音楽に支えられたこと、ありますか?
多分、あるから、ここまで読んで下さったんだと思います。
タイトル曲"Love Notes"も"Spring High"もStevieによるものです。
最後の欄に、彼のメッセージを引用しておきました。
LoveNotes






"LOVE NOTES"  1977

SideA
1. "Spring High"
2. Love Theme from "A Star Is Born"
3. Shining

SideB
1. Love Notes
2. Chili Today Hot Tamale
3. The Messenger
4. Stash Dash



"Spring High"



ザ・グレイト・ジャズ・ピアニスト―27人が語るジャズ・ピアノの魅力

The Greatest Hits

太陽の女神

ラヴ・ノーツ


このブログでご紹介している時代がちょうどニッチな所なので、一番お薦めのアルバムが廃盤であったり、ベスト盤しかなかったり、中古品の出回りが少なかったりで申し訳ないです。
"Spring High"の二人の歌いに加え、最後のピアノの残響音に何かを感じる人は、必ず居られると思います。
見つけ次第掲載します。


There are no two snowflakes alike
No two raindrops the same
No two flowers bloom alike in Spring
There are no two hearts which love in the way
But all humanity could be served
To a greater need if we but listen to the
Notes of love which exist in our hearts

Love notes
by
Stevie Wonder



"Spring High"収録アルバムのご紹介
このシリーズが2種出ていますが、各アルバムが2枚組
このアルバムの場合は、収録曲順が入れ替わっているという設定
しかしながら内容は圧巻です
"Spring High"は何れにも収録
The Wonder of Stevie

Back to Mine


+Vote for Me PLS! Blog-Ranking

proue335uriuri at 10:37|この記事のURLComments(5)

September 24, 2005

Cheryl Lynn あの娘もRespect

"GOT TO BE REAL" 1978

のお話です。 あまりにも有名な"Got to be Real"はアレンジの新しさ、パワーの込め方の点でリリース時から長期に亘り相当な衝撃となりました。これほどのタイトさを聴かせてくれたミュージシャンは当時他に居なかったからです。
良くも悪くも、この曲のコード進行やアレンジはあまりにも鮮烈であったので、その後の彼女のアルバムに色濃く影を落とすことになります。後の"It's Gonna Be Right"にそれがよく表れてます。
それが日本のあのトリオ(今デュオ)の”勝負はウィークエンド?”(決戦は金曜日?でしたかね)になって行ったりするわけです。
最近ので言えば、倖田來未の曲(GMシボレーのCMソング)がこの延長線上にありますね。SoulHead、ロジャーばりのボコーダー音出してる。
倖田來未のこの曲はサビがとても良いと思う。売り方はおいといてサビがキャッチーです。がんばれにっぽん。

勿論、わたくしも"Got to be Real"が大好きです。
でもそれ以上に"Shake it up tonight"に心底惚れ込んでいるというのが本音ですけどね(後述)。この曲のテイクに関してはシングルアレンジよりもアルバム収録のロングテイクのほうが秀逸。


"Cheryl Lynn - Got To Be Real"


"Cheryl Lynn - Shake it up tonight 1981"



わたくしこの方のステージも旧ブルーノートで拝見しました。それはそれは分厚いステージでしてね・・・。
確かに最初は自席で「拝見、拝聴」しておりましたのですが、Cheryl Lynn様が「今からディスコタイム〜っ!」と仰ってからは、オーディエンスが一気に立ち上がり、その盛り上がりはオハイオプレーヤーズ以上の熱いものとなりましてね・・・。
どういうわけかCheryl様が私のとなりで歌ってくれているので不思議に思っていたのですが、すみません、わたくし既にステージに押し上げられており、念願叶って"Shake it up tonight"でハイファイブしてしまいまして・・・はい。
わたくし的には電車男のちゅー以上だったんです。
ゆっときますけど、ステージを乱すような事は一切致しておりません。どなた様にもご迷惑などかけておりません。お店の人も一緒に楽しく過してましたから。
InTheNight心底お薦めの"Shake it up tonight"はアルバム"In The Night" 1981に収録。
レイ・パーカー・Jrのプロデュースで、彼のスパンキーなギターが利いてる。
ちなみにこのジャケットはシングル盤です。




InTheNightLPLPジャケットはイラストでシェリルが点景。










Cheryl Lynn アルバムジャケットに関する記事



Cheryl Lynn

Got to Be Real: The Best of Cheryl Lynn



GottobeRealパワフルなシンガーといえばChaka Khanとこの方、Cheryl Lynnでしょう。決して体格の話ではなく、歌唱力、ハート
proue335uriuri at 15:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

Dee Dee Bridgewater

"Bad For Me"  1979


この頃、JAZZ、FUSION界で実力のある人を当時の音楽マーケット(失礼)に取り込もうとする動きは、確かにありました。
(一番驚いたのはFlora Purimでしたけど・・・複雑)
このアルバムもその一つかも知れませんが、内容を聴いて頂いてご判断頂ければ良いと思っています・・・・・私は、良いアルバムだと思う。
"Bad For Me"はGeorge Dukeのプロデュースだったので購入したアルバムの一つでした。
メンバー見てください!強烈でしょ。
クレジットを見るとDrはRicky Lawson。(当時イエロー・ジャケッツDr。この後81年モントルーは名演)。
パーカッションでは当時フュージョン系で引っ張りだこだったPaulinho Da Costaがバックアップ(ソロアルバムもいけてます。今後御紹介)。加えてPete Escovedoのとことん美人娘Shiela E(髪型化粧が八尾のパーマ屋さんな感じ)もシンバル蹴ってます。
ベースにはByron Miller/Robert Popwell/Alphonso Johnsonと、各々著名どころのアルバムに参加するだけでなく、ソロアルバムをリリースできる実力派がそろっています。
リズムセクションとベースを見れば、ジョージ・デュークが何をしたかったか、筒抜けだった。抜群の出来に決まってた。だから買いでした。
取り上げられた曲で特筆すべきは"It's The Falling In Love"
蛇足ながらソングライターはCarole Bayer Sager。か弱そうだけど実は芯が強かったりすんだろなぁ。女性を感じるなぁ。いいよなぁ。
同曲、まいこーじゃくすん様も取り上げられてます。まいこーのほうが甘め。
わたくし的には前述"It's The Falling In Love"に加え、タイトなフュージョン系の香り高い"Tequila Mockingbird"がお薦め。
とにかく和声、リズム、アレンジ、即興性全てにおいてパワーのある曲です。曲名にあるようにDee Dee Bridgewaterの一人かけ合い風アレンジも聴きどころ。アクセル踏み過ぎにご注意下され!
"Tequila Mockingbird"


DeeDeeBWDee Dee Bridgewater
"Bad For Me"

George Dukeの
バックアップも
参加ミュージシャンも
ついでにジャケットも
強烈


1.Bad For Me
2.Back Of Your Mind
3.For The Girls
4.Love Won't Let Me Go
5.Streetsinger
6.It's The Falling In Love
7.Tequila Mockingbird
8.Don't Say It (If You Don't Mean It)
9.Is This What Feelings Gets (The Wiz)


CaroleBS収録された名曲
"It's The Falling In Love"は

Carole Bayer Sager
"…Too" (1978)
にオリジナル収録
ジャンルを問わず
いいものはいい



"It's The Falling In Love"



Bad for Me





 
+Vote for Me PLS! Blog-Ranking

proue335uriuri at 09:03|この記事のURLComments(0)

September 17, 2005

やっぱりStevie!Key of Life

"Songs in the Key of Life" 1976


key of life暫く80年以降の話に終始してしまいましたが、ここらで敬意を込めて、
Stevie Wonderに触れたいです。

"Songs in the Key of Life"は名盤で、いまさらな話が多いので、私の愛するシリーズ・・・でとりまとめます。



一枚目"Love's in Need of Love Today" のアナウンサー語りでこのアルバムが始まりますが、これは歌詞を聞けばなお一層感動の深まる曲です。私は歌詞では音楽を聴かないのですが、この曲は例外の一つで、穏やかながら力強いメロディーに乗り、Stevieが切々と訴えてくる名曲です。

映画”ヴァニシング・ポイント”1971に出てくるDJはStevieがモチーフとか・・・。この曲のリリースの方が後ですが、あの映画のDJには、Stevieへのオマージュが感じられますね。

この後"Sir Duke"、B面"I Wish"とスマッシュヒットが続きますが、わたくし的には"Knocks Me Off My Feet","Summer Soft"がお気に入り。

"Love's In Need Of Love Today"


"Stevie Wonder - Knocks Me Off My Feet"



2枚目に針を落とすとアイシャが泣き出し"Isn't She Lovely"が始まります。Stevieがハープで一ヶ所外してしまうところまで音楽になっている、万人が愛する名曲です。
面を変えると"Nigiculela-Es Una Historia-I Am Singing","If It's Magic","As"。 このあたりからStevieの懐、愛情の深さが伝わる曲が続きます。
特に"Nigiculela-Es Una Historia-I Am Singing"の音楽性="うたい"は秀逸で、リズムってこんなに自由だったんだ!と思い知らされるテイクになってます。
歌声がまた寛容。微笑みながら泣いてしまうかも。
2枚目ラストの"Another Star"は、音楽性の幅広さもさることながら、やはりこの人は本物なんだと実感させられる一曲になっています。

"Ngiculela - Es Una Historia - I am Singing"


"As"



その後に続くコンパクトEPの"Saturn"はとてもシンフォニック。子供の鬼ごっこから始まる"Ebony Eyes"では実生活のリアリティーが見えるように思えます。そしてB面ラストのジャジイーな"Easy Goin' Evening (My Mama's Call)"ではもの哀しいハープがアルバムの最後を飾っています。

"Saturn"



全編を通して、広い意味で社会性や、人の一生を感じるアルバムになっています。
このアルバムの凄いところは、2.5枚という大アルバムであるにもかかわらず、全ての曲が丹念に作られていて、いい加減な収録曲が全く無いことです。
単に「完成度が高い」・・と一言で語ってしまうにはあまりにも畏れ多いアルバムです。Stevie自身の多重録音が主となっているので、歌いやグルーヴ的なトータリティーが高いのは当然ですが、それだけでこの偉業を語ることは出来ないと感じます。たぶんそれは全作品を通じ、彼の心眼、信念、愛情、感受性、想像力といった人間的な"力"が、とてもダイレクトに伝わってくるからだと思うのです。
言い換えると、このアルバムが心に沁みるのは、私達に欠けて来ているものをStevieが大らかに見せてくれるから・・・ということなのかも知れませんね。


"Songs in the Key of Life"
次の世代に必ず伝えたい作品です。



Songs in the Key of Life

Disc1
side1
"Love's in Need of Love Today"
"Have a Talk with God"
"Villege Ghetto Land"
"Contution"
"Sir Duke"

side2
"I Wish"
"Knocks Me Off My Feet"
"Pastime Paradise"
"Summer Soft"
"Ordinary Pain"

Disc2
side3
"Isn't She Lovely"
"Joy Inside My Tears"
"Black Man"

side4
"Nigiculela-Es Una Historia-I Am Singing"
"If It's Magic"
"As"
"Another Star"

Disc2.5
side1
"Saturn"
"Ebony Eyes"

side2
"All Day Sucker"
"Easy Goin' Evening (My Mama's Call)"



Key of LifeのメイキングDVD ↓↓↓

メイキング・オブ・キー・オブ・ライフ

スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダー「バラード・コレクション」


音楽史に残る作品です。
Songs in the Key of Life
Songs in the Key of Life
クチコミを見る


前回大阪城ホールコンサートはこのアルバム中心に行われました。
これも名盤、大推薦です。Stevieの想いが良くわかる。
特に
"All I Do"
"Rocket Love"
"Lately"
は深い。

Hotter Than July
Hotter Than July
クチコミを見る


"Golden Lady"
"Don't You Worry 'Bout A Thing"
収録

Innervisions
Innervisions
クチコミを見る


Fulfillingness' First Finale
Fulfillingness' First Finale
クチコミを見る


Talking Book
Talking Book
クチコミを見る


In Square Circle
In Square Circle
クチコミを見る


Journey Through the Secret Life of Plants
Journey Through the Secret Life of Plants
クチコミを見る


Original Musiquarium I
Original Musiquarium I
クチコミを見る






下記各々アルバムは2枚組仕様
著名アーティストにStevieが曲提供したものや、
Stevieをカヴァーしたものをまとめてあります
一枚はDJミックス

このアルバムは1枚目と2枚目で曲順がちょっと違う
(あと、Hugo Montenegroのクレジットが違うくらい。HughとHugo。どっちもあり)
内容は流石に圧巻
The Wonder of Stevie: Essential Compositions, Covers & Cookies
The Wonder of Stevie: Essential Compositions, Covers & Cookies
クチコミを見る

このブログで紹介している収録アーティスト
Ramsey Lewis


このアルバムは1枚目2枚目で少しだけ収録曲が違う
2枚目の収録のほうが多い。何れにせよ圧巻
The Wonder of Stevie

このブログで紹介している収録アーティスト
Patti Austin
Pointer Sisters
Ronnie Foster
Spinners

 
+Vote for Me PLS! Blog-Ranking

proue335uriuri at 23:04|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

September 11, 2005

アース様との出会い EW&F

"That's the Way of the World" 1975


「アース様」とは、決してマグマ大使をお創りになった白髪ロン毛仙人様ではありません
ましてや、ハエや蚊を退治する殺虫剤様でもありません
いらんか、こんな講釈・・・
あまりにも王道のお話で照れくさかったので、ボケかましました

私が初めてアース・ウィンド・アンド・ファイヤー(Earth Wind & Fire、以降アース様)に出逢ったのは、学生時代のことです
京都四条川原町には「カーネーション」というソウル〜ブラコンをかける喫茶店がありました
時代的にはロックな時代でした
当時の四条川原町周辺には、飢餓(後に楓花)、ジャムハウス、治外法権などロック系喫茶が多く、一部を除いて暗い店内でがんがんにツェッペリン!みたいな空間が多かったのです
そんな中で、洒落たソウルやブラコンを、ブラインドを下ろした窓から入ってくる穏やかな光の中で聴くという環境は、当時の私にはちょっと照れくさいような空間でもありました
友達に紹介されてカーネーションを知ったのですが、それ以降、私は頻繁にそこを訪れるようになり、ついにアース様に出会ったのです
私が初めてアース様として認識した曲は、
"That's the way of the world"
でしたので、アース様としてはもう既に地球を征服されていた頃の話になります
その日私は学校をサボってカーネーションにへたりこみ、ぼんやりと窓側の席に座っていました
自分の方向性が定まらず、従い制作が煮え切らないという長い苛立ちに敗北し、厭世観に支配されていました
そんな時に、ゆったりとこの曲が流れて来たのです
音量は適度で決して大きくはありませんでしたが、まったく他の音が聞こえない状態になったのを記憶しています。高校生の頃聴いたEW&Fとは異なる波長をこの曲に感じたのです
私は56年生まれ70年代育ちです
だから多分にアシッドでフラワーなところを持っているのは否めません・・・はまりましてね
ブラックミュージックの根底にはやはりゴスペルスピリッツが流れていて、それが私にも響いたのだと思います

これがアース様からの最初のお告げでした


"Thats The Way Of The World - Earth Wind And Fire"


その後、新譜だけでなく遡ってアース様を聴きました
"That's the way of the world"の延長線上ではまった曲に、
"Devotion"
"Keep Your Head To The Sky"
カリンバを用いたグルーヴにはまった曲として"Evil"
ポップさにはまった曲として"Sing A Song"等がありました


That' the way of the World当時、カーネーションの近所にリバーサイドという、とっても良いチョイスの輸入盤店がありました
その後はカーネーションで聴いて、リバーサイドで買うというパターンを繰り返し、ブラコンにのめり込んで行きました
後で知って行ったのですが
"That's the way of the world"
は当時移籍に絡み、彼らの音楽性に変化が出てきた様子が良く出ている作品でもあったようです


All 'N All
私とアース様の関係は"All'n All"を頂点とし"ELECTRIC UNIVERSE"1983を待たずに終わってしまいます
当時世間は爆発的アース人気で、良い曲もありましたが、正直ライズからは徐々に内容が違って来ていました
"ELECTRIC UNIVERSE"ではついにモーリスが神の啓示を受けたと言い出し・・・ブラスが無くなって行きます
そんなこともありましたが、それでも"All'n All"のパワフルさはやはり無敵"Love's Holiday"、スキャットの"Brazilian Rhyme"は、正に現代人への鎮魂歌


"Love's Holiday"



"Brazilian Rhyme (Interlude) - Earth, Wind & Fire"



ちなみに"All'n All","I Am"などに代表されるアルバムジャケットデザインは、在米日本人イラストレーター長岡秀星氏によるものです
EW&FBest先日、20代前後でアース様を知らない人が多いことを知りました
それは日本国民でありながら、天照大神や聖徳太子を知らない事に等しい
そんな子はお外でちゃだめ
ハウスっ!
このジャケットは当時のベスト盤ですが、とにかくベスト盤を買うと"September""Fantasy""Fall in Love With Me"といったヒットが収録されていますので、それをまず聴いてみてください。多分はまるだろうし、前述のお話もわかってもらえるように思いますそれからアルバム単位で聴いてみることをお薦めしたいです
今の音楽シーンがよりはっきりわかるようになると思います
するとこれから先も見えるようになるかも・・・
あれ以降、アース様中心に様々聴きました
ジョージ・デューク様、ハワード・ジョンソン様、カシフ様、AWB様、故ルーサー・バンドロス様、シェレール様、テリー&ジミー御両人様、アル・ジャロウ様、シャイライツ様、シャカ・カーン様・・・ああパワフルでこってり。濃い目のバニラアイスクリーム




いっぱい入ってる!
The Eternal Dance


ベスト盤。
ベリー・ベスト・オブ・EW&F
ベリー・ベスト・オブ・EW&F
クチコミを見る


これもベスト盤。
Earth Wind & Fire - Greatest Hits
Earth Wind & Fire - Greatest Hits
クチコミを見る


これは聴いておきたい。
金字塔とはこれを云うんだ。

All 'N All
All 'N All
クチコミを見る


セッションメンバーの加減でロックぽい。
でもこの頃はいけてる。
"Back on the Road"
"And Love Goes On"がコケティッシュでお薦め

Faces
Faces
クチコミを見る


"In The Stone"から軽快に始まる好アルバム
I Am
I Am
クチコミを見る


このタイトル曲から音楽に空間性を感じるようになった。
That's the Way of the World
That's the Way of the World
クチコミを見る


お洒落系"Fall in Love With Me"収録
Powerlight
Powerlight
クチコミを見る




 
+Vote for Me PLS! Blog-Ranking

proue335uriuri at 11:28|この記事のURLComments(2)

September 05, 2005

Rufus & Chaka Khan

"MASTERJAM" 1979


高校生の頃だったか、ルーファスのシャカ(本人はシャカと呼ばれるほうが好きみたいよ)のライブビデオを一度だけテレビで見たことがあります。インデアンの羽飾りでステージいっぱい走り回りながら
"Once You Get Started"を歌いまくっていました。
とても小さくてキュートなのですが、そのパワフルさは他の追随を許さないものがありましたね。
あれから幾年、そんなシャカ様の大阪ブルーノート(旧)でのステージは印象的でした。アレサのティル・ユー・カムバック・トゥー・ミーで始まり、懐かしい"Sweet Thing"になだれ込むころには、夢見心地でしたね。
ステージ後、ラッキーにも言葉を交わす機会がありました。握手をしながらのほんの短い間ですが、世界中で一番グルーヴィーであること、ファンとして感謝していることを精一杯伝えました。気難しい人との話もありましたが、とてもにこやかに「本当!ありがとう」と答えてくれた事が印象的でした。小さくてキュートなウェストは、約10倍くらいにはなっていましたが、やっぱりかっこよかったですね。
MasterJamシャカ・カーンについては書きたいことが山ほどありますが、まずルーファスの頃のNo1は、アルバム=マスター・ジャムの
"Do You Love What You Feel"だと信じて疑いません。
プロデュースはクインシー。
ちびったか!。
んっ、シャカはちびやったけど。
でも真剣な話、この人この曲、本気で歌っちゃった一曲なんです。
ドラムのタイトさ粘り、和声、リフ、その他諸々に加えてシャカのヴォーカルは圧巻の一言。


この曲、流石にコアなファンの間で熱烈な支持を受けているのか、Youtubeでもレギュレーションがかかってきている
前回まで公開していたものも、リージョンレギュレーションがかかってしまった
かろうじてスタジオライブ形式の半クチパクテイクがありました
残念ながら、LPテイクに楽器を重ねており、後半になるに従い嫌なピアノの音量が増してきてしまう
本当にすごい曲なだけにとても悔しい
是非LP、CD、またはダウンロードで買って聞いてちょうだい
"Do You Love What You Feel - Rufus & Chaka (1979)"


"Once You Get Started"収録
Rufusized

"Hollywood","Better Days"収録
Ask Rufus

"Do You Love What You Feel"収録
是非ともいっといて!

Masterjam

"Sweet Thing"収録
Rufus Featuring Chaka Khan

"Tell Me Something Good"が濃い!
Stompin' at the Savoy (Live)




 
+Vote for Me PLS! Blog-Ranking

proue335uriuri at 23:26|この記事のURLComments(0)
Articles
Thx for over 100000 visits