Pops / Soft Rock

October 01, 2017

Loggins & Messina

"Thinking of You"    1973 - single version

Loggins & Messinaのこの曲は70年代初頭の退廃的ロックシーンとは対象的な肯定的明るさに満ちた音作りが印象的でした
当時それを弱さとして嫌う傾向もありましたが、その背景には方向性を失った虚勢が垣間見える・・そんな時代でもありました
アルバムとシングルではテイクがかなり異なり、アルバムは少しまったりし過ぎています
私は明るく軽快ながらちょっと影のあるこのシングルテイクが大好きでした









bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance ! 



proue335uriuri at 00:01|この記事のURLComments(0)

June 20, 2017

Carole King

 "Been To Canaan"   1972


Carol King自身がfacebookで取り上げていた70年台初頭の名曲
かつてジャズ・シンガーのAlice Babsも取り上げた何とも心の奥に響く曲です
Alice Babsのアルバムも実はこの曲が気に入って買いました
70年代の良さを凝縮したようなメロディアスで温かな曲です







Rhymes & Reasons
Carole King
Sony
1991-03-01



Music with a Jazz Flavour
アリス・バブス
セレスト
2001-03-03








bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance ! 



proue335uriuri at 22:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 03, 2017

Cilla Black

"Going out of my head"       1963 On Ed Sullivan Show


この曲はZombies で一番好きなナンバーです
エド・サリヴァン・ショーでそれを歌うCilla Black
キャバンクラブのクローク係をしていたところ、ジョンからブライアン・エプスタインに紹介され、この世界に入ったとのこと
残念にも2015年8月に他界されました
本名 Priscilla White を Cilla Black との歌手名にするところが英国なのかな・・・ 









bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance ! 





proue335uriuri at 00:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

December 04, 2016

Laura Nyro

"Season of Lights"   1977


このライブアルバムの中で ”Money” はかなりフュージョン色の強かった一曲
ギターがJohn Tropeaで、このテイクの5年前に、
DeodatoStanley Clarke、Billy Cobhamらと”Skyscrapers”の名演を残していた
私は彼のメロディーのとり方が少し苦手ではあったけれど、当時は次代を思わせる音作りに注目していた
ただLaura Nyroとのマッチングは音楽として不思議なバランスだった
どんな経緯でこのアルバムを手にしたかはっきり覚えていない











bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance ! 









proue335uriuri at 13:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

October 05, 2016

Caravan

"The Show of Our Lives"      1975

心に残る曲がいくつかある
この曲もその一つ
苦しい時、悲しい時、辛い時、助けてくれた











Cunning Stunts
Caravan
Polygram UK
2001-02-19







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance ! 









proue335uriuri at 10:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

October 01, 2016

Gloria Estefan

"Cuts Both Ways"    1989


デビュー当時、彼女はあまり好きな歌手ではなかった
キャッチーさを目指したデビュー曲や、
売り出し方が嫌いだったからだ
でもGloria Estefanの歌には熱があって、
時折、深く聴き入ってしまう
人の気持を歌う時、その人の心根が見える
悲しい歌ではあるが、逆に人への想いが感じられる
情熱的で愛情の深い人だからと思う







Cuts Both Ways
Gloria Estefan
Sony
1989-07-10


Greatest Hits
Gloria Estefan
Sony
2011-11-04








bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance ! 








proue335uriuri at 12:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 01, 2015

The 5th Dimension

”Up, Up and Away”    1967


小学生の私にも成熟した音楽性の違いは衝撃的に伝わった
テレビではマイナー3コードで展開される演歌が
まだまだ幅を利かせていた
グループサウンズブームではあったが
和声もグルーヴもまだまだ未熟だった
かろうじてスパーダーズのかまやつひろし氏が秀でたものを聴かせていたが、日本のポピュラーミュージックの成熟度は低かった
幼いながら次元が異なることを体感していた
Beatles、Bacharach以外でJimmy Webbのこの曲は強烈な印象を残した





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

November 18, 2014

The Motels

”Only The Lonely”  1982


和声に対するリフの取り方・・・
センスの良さに好感度が高かった
サックスソロは少しAlan Parsons Project
Don't answer meな感じ






bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

November 17, 2014

Lindsey Buckingham

”Trouble”   1981


かわいい曲です
音アレンジが特に
アンニュイなところも少し病んだ80年代らしくて良い







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 21:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

November 16, 2014

Godley & Creme

"Cry"   1985


Godley & CremeのCryは彼らが10ccから分かれて暫くしてからのリリースでした
”I'm not in love”のあの才気溢れる音作りを裏付けるかのようなこの曲を聴いたとき、当時本当に泣けました
映像の素晴らしさからも、彼らの才能がうかがえます
ブラコンが徐々に中産階級化するこの時期にあって、彼らの誠実な音作りには敬意を覚えました







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !





proue335uriuri at 21:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

June 26, 2014

Player

"Baby Come Back"  1977


ブラコンのタイトなリズムに乗った煌びやかな和声は圧倒的な魅力を持っていました
彼らはそれに触発され多数現れた白人バンドの一つでした
メランコリックで良かったです






Baby Come Back: Best of
Player
Island / Mercury
1998-11-17




bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

June 08, 2014

Stories

"Brother Louie"   1973


当時の私の情報源はFMラジオだけでした
初めてこの曲を聴いた時、Hot ChocolateのカヴァーだったこともありStoriesはブラックミュージックの新鋭かと思っていました
今では普通のことなのですが、この曲は肌の色の違う者どうしの恋愛の曲です
曲センスもかなり濃いですが、彼らは金髪長髪にいちゃん達のバンドでした






Stories
Unidisc Records
1993-02-17





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 17:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

June 03, 2014

Robert John

 "Sad Eyes"    1979


なんともメランコリックな一曲でした
レオ・セイヤーばりのファルセットが印象的







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 31, 2014

Pablo Cruise

"Love Will Find A Way"     1978


一時期この手の音楽に傾倒しました
アクが無いのが良かったのかも・・・







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !




proue335uriuri at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2014

Frankie Valli

・・・and the Four Seasons


Four SeasonsはFrankie Valliの独特の歌声でシェリーの大ヒットを飛ばしました
でも私は後年リリースされたこの曲

”Who loves you”  1975




彼のソロではやっぱり
”Can't take my eyes off of you” 1967  最高!
Boys Town Gangのカヴァーに比較しドゥワップのグルーヴ感が圧倒的に良い




”My Eyes Adored You”   1975




もう一つ"Swearin' To God"   1975







Frankie Valli - Greatest Hits
Frankie Valli
Curb Records
1996-07-02


Very Best of
Frankie Valli & Four Seasons
Rhino / Wea
2003-01-14







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 11, 2014

Who Do You Think You Are

Jigsaw, Bo Donaldson and The Heywoods, Candlewick Green   1974


”Who Do You Think You Are” はJigsawのシンガーソングライターデュオ、Des Dyer and Clive Scottによって書かれた曲
1974年に少なくとも3バンドがリリースした

Jigsaw




Bo Donaldson and The Heywoods
実はこのテイクがお気に入りだったりする・・・




Candlewick Green





おまけ
Saint Etienne   1993







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !




proue335uriuri at 00:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 10, 2014

Chris Rea

"Fool If You Think It's Over"    1978


疲れ気味の時、密かに聴いてました
今でも効き目がありそうです













bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 22:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

May 02, 2014

Toby Beau

"My Angel Baby"    1978


胸焦がすとはこんな感じ・・・
今のミュージックシーンにはこの和声とメロディーは出てこないなぁ
わきまえぃ!




音イメージとヴィジュアルは微妙に違うんだけど・・
アップのうつむいた女性は綺麗
歌詞付も掲載、但しyoutubeにリンクされてます






bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 19:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 22, 2014

Ambrosia

"How Much I Feel"    1978


アメリカンロックに和声の美しさが加わり、都会的な仕上がりになってました
M7−M7の展開には’77年のFloaters、Float onを想起した人が多かったと思います
ビッグヒットではなかったけれど、好感の持てるいい曲です







bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:05|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

April 20, 2014

Al Stewart

″Year Of The Cat″   1976


AORの萌芽期でしょうか
メランコリックな曲調と印象的フレーズがいつまでも耳に残ります





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 21:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 17, 2014

Lynn Anderson

"Rose Garden"   1970


南沙織がデビュー前のプロデューサー面接で、どんな歌が歌えるか聞かれたとき、ローズガーデンなら歌える・・と答えたとか
それでデビュー曲「17才」の曲想が決まったらしい

この曲は当時日本の深夜AM放送でも盛んに取り上げられた
AMで受け入れられたという事は大衆に受入れられた事を意味した





筒美京平作曲、そう言われれば出だしのブレイクは貰ってる






bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 01:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 13, 2014

Wayne Newton

"Daddy Don't You Walk So Fast"      1972


当時から社会問題化していた家族崩壊の最中にある子供に対する歌です
当時、そうDJが語っていたのを思い出します
詳細には母親の元に残す幼い娘に対する去ってゆく父親の気持ちでした
ミッドティーンだった私にも苦しい気持ちは伝わってました





The love between the two of us was dying
And it got so bad I knew I had to leave
But halfway down that highway when I turned around I saw
My little daughter running after me
Crying

Daddy, don't you walk so fast
Daddy, don't you walk so fast
Daddy, slow down some 'cause you're makin' me run
Daddy, don't you walk so fast

Now, it broke my heart to tell my little daughter
That her daddy had to run to catch a train
She had no way of knowin' I was leavin' home for good
I turned around and there she was again
As she said to me

Daddy, don't you walk so fast
Daddy, don't you walk so fast
Daddy, slow down some 'cause you're makin' me run
Daddy, don't you walk so fast

If only for the sake of my sweet daughter
I just had to turn back home right there and then
And try to start a new life with the mother of my child
I couldn't bear to hear those words again
She cried and said

Daddy, don't you walk so fast
(My daughter cried)
Daddy, don't you walk so fast
Daddy, slow down some 'cause you're makin' me run
Daddy, don't you walk so fast

Daddy, slow down some 'cause you're makin' me run
Oh, daddy, don't you walk so fast





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 17:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 12, 2014

America

"Tin Man"  1974


Horse with no name, Sister Golden Hair, Ventura Highway・・・
爽やか系ヒットの多い彼ら
私はこの曲がお気に入りです





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 10, 2014

Dawn

Knock Three Times  1971


後の幸せの黄色いリボンもヒットしましたが、
Dawnはやはりこの曲でしょう
トムジョーンズみたいに大柄なトニー・オーランド
しかも顔がでかい
遠近法の常識から考えて、
両側のおねいちゃんたちと同じ位置に立っているとは思えない





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 09, 2014

Hamilton, Joe Frank & Reynolds

"Don't Pull Your Love"   1971


以前にグラスルーツやエジソンライトハウスと一緒に掲載したかも・・・
万博後ですね
ハードロック全盛期でしたが、こんなポップな路線がしっかりとありました





その後、ちょっとぺシミな大人になりました





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 06, 2014

Redbone

"Come And Get Your Love"   1974


Native American の放った明るい曲
でもちょっと悲しさがある
そんな曲だから
つらいことが続いたときに思い出します
この曲が好きでした




bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 04, 2014

Stock, Aitken & Waterman

’80後半に開花したポップなEurobeat


時代が確実に変わってゆくのを見ていた
ブラコンの美しい和声は新たに昇華、いや単に消化され、
グルーヴはまったく前のめりなビートになってしまった
でもKylie Minogueの門歯と Michael Fortunatiのノリは好きでした
Stock, Aitken & Watermanは私の中でもある程度評価が高く、LPも持ってたりします
Kylie Minogueはジャケ買いでしたが・・・
直に着るサマーセーターな感じ
リンク掲載させて頂いたのは大変良くできたミックスです
最後のAtlantic Starr - ALWAYSでほっと一息・・・





bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance !



proue335uriuri at 23:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

December 02, 2013

Starbuck

”Moonlight feels right”  1976


日曜日、車の中で懐かしい曲を聞いた
Starbuck の ”Moonlight feels right”だ
それも変にキーボードが強調されていない当時バージョンだった
ももたに「これいいよ!」と言ったらすぐにitunes storeをチェックして買って聴き始めた
ほんとかわいい人だ
オリジナルバージョンをきちんと選んで買えるように、試聴可能になっているのはうれしい
セルフカバーも避けたいし、これはいい

でも・・この曲とは別に、また考えてしまった
こんな機能は便利なんだけれども、CDが出だしてから気になっていることがある・・・

こんな曲の買い方や、CDで曲順を任意に変えることができるようになってから、LPの作品性が無くなってしまったことが、実に悲しい
特に、LPをひっくり返す行為が無くなってから、B面一曲目のときめきが無くなってしまった
A面ラストのメランコリーも消えて行った

それに変な再生機能がとんでもない犯罪を犯している
曲の間合いも当然音楽、作品なんだ
センスの無い機能をオンにしたまま、アビーロードのB面を生まれて初めて聴いた小学生は不幸極まりない
その人の人生の伴侶となる宝を一つ、台無しにされたに等しい

技術屋の立ち入ることができる範囲については、本当は最初に議論すべきなんだよなぁ・・・

考えて創り出すことは無いんでしょ
たまには夜空でも見上げてみればぁ・・
お月様の言う通りなんだよ・・・











ムーンライト・フィールズ・ライト(恋のムーンライト)
スターバック
マスクラット・レコード
2008-03-19




bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !




proue335uriuri at 20:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

December 01, 2013

Moonlight probably feels right...

Starbuck


Lazy Sunday afternoon in my car, I heard a good old tune on the radio. It was "Moonlight feels right" by Starbuck.
It was not that keyboard-enhanced-version but the original version that dates back to '76.
We can buy it from iTunes Store in a minute these days. Convenient indeed.
But .....
I have one big anxiety. Is this really good ...for us, for music freaks?

After invention of CD, we became not to be required to turn the LP over. This has made our rising expectation and pumping of our heart for the top tune of side-B go away. We have lost the melancholy of the last tune of side-A also. The story and context of LP has gone away, I feel art of LP has died.

I need to add one more problem.
It is the weird function of CD player. CD player can modify how to play CD. It can also place intervals between each songs, even if they are in one medley.
The one, not knowing this weird function of CD player was on, who had heard side-B of Abbey Road is badly unfortunate. It will be as tragic as losing a treasure which one can meet only once in his or her life.

You should actually argue about the range where the technical expert can step into first.
They seem not to think carefully before they produce items.
They should look up in the night sky sometimes.
Moonlight probably feels right...





bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !




proue335uriuri at 11:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

November 08, 2010

Rita Coolidge

Anytime...Anywhere  1977


Rita CoolidgeHigher and Higherには4カウント以降のイントロでしっかりつかまってしまった
美しいく力強い和声進行をプレーンなリフで綴ったアレンジは秀逸
わたくしも実力派として認識している岩崎宏美もこの曲を好んで取上げたことがありました

彼女は音楽の心地よさを良く理解している人だと思うな
音楽が心底好きなんだねぇ
とにかく、この曲の高揚感は本物です


We are all aloneよりも、Higher and Higher, You をしこたま聴いた
ちなみに私のLPは黒いジャケットのエッジがぼろぼろになってしまってます
掲載したジャケット写真はインターネットからダウンロードしたものです


"rita coolidge - Your Love Has Lifted Me Higher And Higher"


"(Your love is liftin' me) Higher And Higher  (Karaoke)"



マストなので掲載、私も大好き
"Rita Coolidge - You 1978"


エニータイム・・・エニーホエア(紙ジャケット仕様)
エニータイム・・・エニーホエア(紙ジャケット仕様)
クチコミを見る

Collection
Collection
クチコミを見る





bannerL2  +Vote for Me. Thank You in Advance !




proue335uriuri at 20:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

August 03, 2008

Grass Roots

"More Golden Grass" 1970


GrassRoots日本の音楽シーンで強烈な変革となったのは66年前後からのグループサウンズブームでした
今や名司会者(?)の堺正章氏が属したスパイダース、ジュリーのタイガース、エド・サリバンショーにも出演したブルーコメッツ等が有名
そんな中にあって、若手としてチョイワル感のあったテンプターズが、Grass Rootsをカヴァーしてたんです
それが"Let's Live For Today" 1967 邦題「今日を生きよう」でした
この曲、もともとイタリアのバンド"Rokes"がオリジナルです
Grass Rootsヴァージョンがヒットしたので、その後再リリースしたとか・・・

グループサウンズブームの頃、わたくし小学生でしたが、ショーケンの悪さ感がおねーちゃん達にウケていることは、何となく感じていました
子供ながらに、んーだよって思ってましたね

是非書いておきたいのですが、ブルコメのサックス&ヴォーカルは故井上大輔(当時忠夫)氏でした
同氏は後に山下達郎氏の”悲しみのジョディー”でサックスを担当されていました
熱いサックスでしたね・・・


一気に70年に飛びましょう
Grass Rootsは70年から短期間にビッグヒットを連発します
当時中学生だったわたくしは、ソウルのグルーヴを主軸に、日本の音楽とは桁違いの和声、メロディー駆使してくるこの辺りの欧米音楽文化にどんどんのめりこんで行きました

Grass Rootsに関し、わたくし一押しは何といっても
"Temptation Eyes" 1970 邦題:燃ゆる瞳
Bメロの和声が最高!
これ、カラオケにあります
わたくし、おはこ・・・


"'Temptation Eyes' by The Grass Roots"


その次のお薦めは
"Sooner Or Later" 1971 邦題:恋はすばやく
これはかわいい曲です
とってもアメリカン・バンドな感じがします

""Sooner or Later" [Original]"

その次は
"Two Divided By Love" 1971 邦題:恋は二人のハーモニー
ここまでの3曲は高揚感のあるスマッシュヒットでした
私もエアチェックしてましたね
今はテープが”ぱりぱり”になってますけど・・・
このビデオは番組ライブを口パクに差し替えたものです
""Two Divided By Love" [Original]"

上のmovieの音が悪いのでこれを掲載
"THE GRASS ROOTS- TWO DIVIDED BY LOVE"



彼らのヒットは、前述までと言って良いと思います
その後1972 "The Runway" 邦題:涙の滑走路 を放ち、日本でもオンエアはありましたが、殆ど食いつきがなかったです
ちょうどファンを2分した"Bad Finger"、
先行していた"1910 Fruitgum Company"、"Fortunes"、
一発屋の"Edison Lighthouse"や"Gallery"等のポップなR&Rサウンドに代わり、ツェッペリン、パープル、マウンテン等、ハードロックの興隆に影響され、彼らの活動はその後殆ど届かなくなり、76年頃に一旦解散しています
80年代に再結成し、今は"The Grass Roots Starring Rob Grill"としてゆったりと活動している様子です


"Badfinger - No Matter What"


"The Train - 1910 Fruitgum Company"


"The Fortunes-Here Comes That Rainy Day Feeling Again"


"Gallery - It's So Nice To Be With You"


一点、申し上げたいことがあります
これから彼らのアルバムを買われる時は、オリジナルヴァージョンなのか、その後のセルフカヴァーなのか、十分御注意ください
彼ら、殆どのヒットを、後年セルフカヴァーし直していますので・・・

年とともに落ち着いて行くことは誰も否定しません
でも当時のマインドを失くしてゆくことを「必然」と位置づけて、それで納得できるものなのでしょうか?
また同時に、作品は一旦生み出されれば一人歩きするもので、それを覚悟出来るのがプロではないかとも沸々と思うのです
かつてのワークを再度触りたくなるのは、作り手のドグマか商業活動の影響でしかないように思います
いろんな局面で考えてしまいます
そんなこと、ありません?
Delfonicsのところでも書きましたね・・・

わたくし?
勿論、オリジナル派



Anthologie
Anthologie
クチコミを見る


All Time Greatest Hits
All Time Greatest Hits
クチコミを見る


クチコミを見る
Anthology: 1965-1975
Anthology: 1965-1975
クチコミを見る


Where Were You When I Needed You
Where Were You When I Needed You
クチコミを見る


Grass Roots: The Best of New Grass Revival
Grass Roots: The Best of New Grass Revival
クチコミを見る


Let's Live for Today/Feelings
Let's Live for Today/Feelings
クチコミを見る


Golden Legends: The Grass Roots
Golden Legends: The Grass Roots
クチコミを見る





ブラックコンテンポラリー’70’80 - livedoor Blog 共通テーマ
bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance!


proue335uriuri at 10:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

April 19, 2008

Edison Lighthouse

"Love Grows" (where my Rosemary goes) 1970


edisonlighthouse1ブラコンねたでなくてごめん
(アレルギーは治ったんですけどね・・)
先日カラオケでこの曲を見つけました
3回歌っちゃったもんね

スタジオ・ミュージシャンで構成された
"Edison Lighthouse"
スマッシュヒットの"Love Grows"
いい声のTony Burrowsがヴォーカルを務めていました
彼らはスタジオ以外での活動は行わず、当時音楽ビジネスの典型的セッションバンドとして、この曲だけを残し、所謂one-hit wonderとして姿を消してしまいます
Tony Burrowsが去った後もバンドは暫く活動していましたが、かつてビッグヒットを放ったバンドとして注目を得るに止まった感がありました


edisonlighthouse2これはシングル盤ジャケット裏のライナーノーツ付き歌詞カード
邦題「恋のほのお」は名訳だと思う
原題は「わしのローズマリーの行く所、愛は育つんじゃ」・・・ と、まあアジア民族にとって甚だありがたい高い農耕生産性を語るタイトルになっているんですが、
"grow"をうまく"glow"に置き換えたところがキャッチーだったと思います
かつて大橋巨泉氏の名訳で"I only have eyes for you"を「恋は盲目」とした例がありました
同曲のその後の邦題訳(アート・ガーファンクルのカヴァー)では
「瞳は君ゆえに」等になりましたが、何れも時代が感じられる良い仕事だと思います


edisonlighthouse3これアダプター無しでかけられる45回転シングル盤
ドーナツ盤とは中心の仕様が違う
このままでLPと同様にプレーヤーにかけることが出来ます
中心部を取ってしまうことも出来そうですが、私はやったことがありません
レコードは宝物でしたから



この曲のイントロやAメロ部ギターカッティングは70年代ポップロックを代表する感があります
この6thを刻み込むカッティング(元来R&Rから派生)はT-Rexにも見られ、当時でいう「ワイルド」なサウンドの源となっています


"Love Grows (Where My Rosemary Goes)"


私はこの曲がとても好きです
私のこの曲への賛辞は和声に対するメロディーラインの可愛らしさに尽きます
前述の6th刻みのバッキングは、その独特な響きゆえに、ともすれば曲全体の硬さ、単調化を生むことにもなりかねません
しかしながらこの曲のメロディーは和声に縛り込まれることなく、高揚感に溢れたワイルドでフリーな展開を見せてくれます
実際に歌詞にも「彼女の髪は"Wild and Free"」という下りがあるのですが、そんなイメージを持ちながら書かれた曲なのかも知れませんね
ソングライターはTony MacaulayとBarry Mason
セッションヴォーカリストのTony Burrowsが去った後もEdison Lighthouseとして活動を続けた二人です

ブラコンR&Bに限らずこの頃の曲は、和声メロディーがいいですね
何より味があります

*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
 この次の70年代ポップロック記事は、多分"Grass Roots"です
*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


The Best of Edison Lighthouse: Love Grows

On the Rocks




ブラックコンテンポラリー’70’80 - livedoor Blog 共通テーマ
bannerL2 +Vote for Me. Thank You in Advance!

proue335uriuri at 11:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Articles
Thx for over 100000 visits
アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ